生徒が中心の、コミュニケーションが活性化される授業のために

English Japanese

英語教師としての確固たる土台と自信を提供することを目的とします。

我々の使命

10周年

英語教師としての確固たる土台と自信を提供することを目的とします。

通学講座に通えない忙しい先生のために、できる限り通学講座と同等の内容となるように工夫した実践的なTESOL認定通信講座をご提供いたします。本講座は、タスクと呼ばれる英文レポート課題を解くことで、自分のアイデアをアウトプットすることが求められます。どのような教材を使って、どのような授業を組み立てれば、生徒が生き生きと楽しめる授業になるのか考えます。自分で書いたレポートは自分自身の教え方マニュアルとして手元に残ります。教え方の土台ができます。

インテソルの沿革

INTESOL Worldwide
Message from Course Director

インテソルは、1993年に、イギリス人のリンダ・ヘーゼルウッドによりTEFL入門コースを運営するために創設されました。 その後の調査結果から、リンダは、研修生が集中トレーニングを希望しているが、そのために仕事を4週間休むことはできないと感じていることを知りました。こうして、TESOL(英語教授法)を通信教育で教えて、修了者に資格証明書を授与する講座が誕生しました。

以来、インテソルは、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニア、中南米に拠点を持つ、国際研修機関となりました。インテソルジャパンは、日本の拠点として2011年4月に開設されました。インテソルジャパンは、本年、2021年の4月で、おかげさまで満10周年を迎えました。

TESOL講座はALAP認定

ALAP Logomark

インテソルのTESOL講座は、その品質が、資格単位枠組み(RQF - Regulated Qualifications Framework)のレベル4に相当することを、資格認定団体である ALAP (Awarding Language Acquisition for Professionals)によって検証・認定されています。

(語句の説明:資格単位枠組み資格認定団体

ALAP Certificate

修了者に資格証明書を授与

高品質TESOL講座の国際的な提供者として、インテソルは、独立した資格認定団体であるALAP認定の資格単位枠組み(RQF - Regulated Qualifications Framework)レベル4相当の資格をお届けしています。ALAP は、主に海外の受講生に、講座のレベルの指標を提供し、修了した際の資格を授与する目的で設立されたイギリスの資格認定団体です。


取得されるTESOL講座の資格が国際的に認識されていることは重要です。
そのため、TESOL講座を決める際には、以下の質問に満足な解答のできる講座提供者を選ぶことが極めて大切です。

  • 講座提供者は資格認定団体によって認定・検査されていますか
  • 将来の雇用者は資格認定団体に直接照会できますか
  • 広告販促物には明確で信頼できる講座の説明がされていますか。特に資格レベルについて
  • 講座要項(シラバス)はありますか
  • 講師のサポートは、講座期間中を通して高品質で一貫していますか。講師は適切な資格と経験を備えていますか
  • 講座申込規定が提示されていますか
  • 講座の責任者と話して何でも質問することができますか
  • 講座の目標、領域、特質、手順などが適切に文書化されていて、十分な情報に基づいた申込決定ができますか
  • 受講生の教育評価は資格認定団体の証明書とリンクしていますか

ALAP認定講座で学習することは、受講生にとってどのような意味があるの?

  • 最高品質の教育訓練である
  • 世界中の将来の雇用者から頻繁に要求される、資格単位枠組みに適合した資格である
  • 講座は管理されており外部団体によって手順が検査されている
  • 受講生は証明書をALAPから、追加費用なしに受け取ることができる
  • 受講生はALAPから受講内容を示した受講単位概要Candidate Unit Summary)を受け取ることができる
  • 世界中の雇用者はこの講座が高い教育水準であると分かる
  • 講座提供者は毎年検査を受けている
  • 講座提供者と資格認定団体は品質に投資して卓越したサービスを提供するつもりである
  • インテソルはロゴをホームページに貼るために年会費を払っている訳ではなくこの認定を真剣に捉えている

 講座の説明のページを見る

おかげさまで700人目の受講生を迎えることができました