INTESOLのTESOL講座は、
資格単位枠組み(QCF)レベル4相当として認定されています

目的

TESOL150時間認定講座の目的は、英語を母国語としない人に、英語を教えるための理論と方法論をバランス良く提供し、どのような環境でも教えることができるように十分な準備を提供することです。どのような教材を使って、どのような授業を組み立てれば、生徒が生き生きと楽しめる授業になるのか考えます。修了者には、英国政府の定める資格単位枠組みのレベル4相当の講座を修了したことを証明する資格認定団体ALAPの証明書と、受講内容を示した受講単位概要が発行されます。インテソルは受講生の記録をデータベースに保存して、いつでも将来の雇用者に連絡できるようにしています。

資格認定団体ALAPの修了書
ALAP修了書

受講単位概要
成績表

 

サポート付きの通信教育

TESOL150時間認定講座は通信講座です。通信講座はテキストとタスク(課題)と呼ばれる英文レポート課題で構成されています。自分の都合の良い時間に学習してタスク(課題)を提出することができます。受講開始と同時に、サポートセンターが受講生と連絡を取り、担当講師が任命されますすが、この担当講師があらゆる段階であなたをサポート致します。受講生の提出したタスク(課題)は、担当講師が採点してコメントを付けて受講生に返却いたします。このコメントは、今後のモジュールへの助言と指針を与えるものとなっています。また、講座に対する質問は、メールまたは電話で承ります。

応募資格

資格や経験は不要です。高等学校卒業の学歴と規定の英語力があれば受講いただけます。第一言語が英語でない方は、受講にあたりIELTS Academic 6.0 / IELTS General 6.5 / TOEFL iBT 74 / Cambridge exams FCE Grade A, CAE Grade C 以上、または、英検1級の英語力が必要となります。上記の外部試験のスコア(過去2年以内)をお持ちの方は、その証明書のコピーをご提出いただくことで、すぐに受講を開始することができます。または、ご希望の方には、無料でレベルチェックテストを実施しております。レベルチェックテストは英作文(250語)と英文読解で、ご自宅での受験が可能となっています。詳細はお問い合わせ下さい。
)外部試験で応募資格を代替できるのは受験後2年間となります

  お申し込みの流れ
  無料レベルチェックテストご希望の方

150時間認定講座の内容

当講座は、4つのユニットからなる、全部で10のモジュールで構成されています。各々のモジュールには理解を深めるためのタスク(課題)と呼ばれる英文レポート課題が用意されています。提出されたタスクは添削されてコメント・指針とともに返却されます。提出されたタスクは継続して評価されます。教材はすべて英文で合計約300ページあります。修了試験はありません。

英国資格単位枠組みレベル4相当

ユニット1: 勉強法

  • 学習意欲を維持する方法
  • 学習時間の管理の仕方
  • レポートを書くためのスキルの紹介

ユニット2:英語の学習

  • 【文法】 時制と構造の理解
  • 【発音】 音標文字、アクセントとイントネーション
  • 【語彙】 語彙、複合語、語幹、言語の適切さと使用頻度についての考察

ユニット3:ESOLの教育・学習

  • 【TESOLの基本原則】
    生徒が中心となる教え方の考察
    1) 学習を妨げるもの
    2) 動機付け
    3) 主流となる教え方「コミュニケーティブ・アプローチ」
  • 【リーディング・リスニング】
    雑誌、新聞、ラジオ、テレビ、インターネットなどの
    身近な題材から教材を作成して、生徒の参加を促す授業を作る
  • 【スピーキング・ライティング】
    雑誌、新聞、ラジオ、テレビ、インターネットなどの
    身近な題材から教材を作成して、生徒に言語を作らせる:
    グループワーク、ペアワーク、ゲーム、アクティビティ
  • 【視聴覚補助教材】
    利用可能な視聴覚補助教材の学習。
    フラッシュカードなどの視覚補助教材の製作
  • 【間違い】
    生徒が間違いをした時の対応、
    間違いの分類、訂正符号、訂正の練習と実践

ユニット4:レッスン計画

  • 【クラス運営と生徒の評価】
    生徒・教師の関係、教室内外でのコミュニケーション、
    生徒が生き生きと楽しめる授業にするには
  • 【レッスン段階とレッスン計画】
    実際のレッスン:タイミング、ウォームアップ、インプット、練習、
    レッスンの実施と段階

※TESOLがやがや説明会を開催します。東京:12月9日(土)

受講期間

受講期間は、受講生の毎日の学習時間によって変わります。タスク(課題)をすべて提出すれば修了です。全体では約150時間相当の授業となっていますので、一般的には、受講条件を満たす英語力の方が継続して学習されれば、3~6ヶ月で修了できますが、それ以上の時間がかかっても問題ありません。受講期間はお申し込み後1年間有効となっています。また、逆に、海外からの要求などで急いでいる場合は、担当教師に連絡して速く修了することもできます。

修了者された方には、もれなく証明書が発行されます。
インテソルの証明書には、以下のような評価が記されます。

  • A1 – Distinction
  • A2 – Excellent
  • B1 – Very Good
  • B2 – Good
  • C – Pass

受講料

textbook
テキスト冊子(オプション)

150時間認定講座 特別価格64,800円税込
オンラインダウンロード教材

・講座のテキストは、すべて会員ページからダウンロードできます。
プリントアウトしたものをバインダーなどにファイルしてお使いになれば、テキスト冊子と同様にお使いいただけますが、ご希望の方には、デジタル教材の大部分を印刷して製本したテキスト冊子もご用意しております。テキスト冊子:4,200円(送料込)
・受講料の分割払いも可能です(下記参照)

  • お申し込み時に34,800円
  • 1ヶ月後に15,000円
  • 2ヶ月後に15,000円

  お申し込みの流れ
  無料レベルチェックテストご希望の方

もっと専門的なスキルの習得がご希望ですか?
ビジネス英語と青少年・子供を対象とした英語の上級モジュールを含む、TESOL180時間認定講座もございます。

おかげさまで400人目の受講生を迎えることができました

TESOL150時間認定講座 TESOL180時間認定講座 TESOL Diploma 認定講座 IELTS for Teachers 科目別ビデオセミナー 英語の授業評価サービス

========================= インテソルの特長 (1) =========================

講座の修了者には、英国政府の定める資格単位枠組みのレベル4相当の講座を修了したことを証明する、資格認定団体の証明書と、受講内容を示した受講単位概要が発行されます。

(語句の説明:
資格認定団体の証明書
(語句の説明:
資格単位枠組み

========================= インテソルの特長 (2) =========================

インテソルの通信講座は、ただ知識をインプットするだけではありません。タスク(課題)と呼ばれる英文レポート課題で、自分のアイデアをアウトプットすることが求められます。どのような教材を使って、どのような授業を組み立てれば、生徒が生き生きと楽しめる授業になるのか考えます。

(語句の説明:
英文レポート課題

========================= インテソルの特長 (3) =========================

講座の受講方法についてのご質問はいつでもカスタマーサポートがメール、電話で承ります。日本語・英語に対応しています。また、講座内容の専門的なご質問は、担当講師がメールで承る他に、スカイプオンラインサポートがご利用いただけます。

(語句の説明:
スカイプオンラインサポート

========================= 英語に必要なスキルとは =========================

英語に必要な知識とスキル
英語に必要なスキルとは?

========================= 書くことで考えをまとめる =========================

英語に必要な知識とスキル
書くことで考えをまとめるとは?