TESOL講座の修了おめでとうございます

TESOL講座のイメージ写真

感想を頂きました

※2017年1月18日現在、203名の方がTESOL認定講座を修了されています

*敬称は略させて頂きました

企業で英語を教えていますが、常にこのやり方でいいのかと試行錯誤している中でこのTESOL講座に出会いました。実際に始めてみるとアイディアががうまくまとまらず時間がかかったり中断してしまうことも多かったのですが、生徒さんの気持ちを以前より考えられるようになったり、長期的な視野でレッスンを計画できるようになったように思います。またロッコ先生のフィードバックには新たな発見がいくつもありました。無事にCertificateをいただいてようやく安心したと同時に、このCertificateにふさわしいレッスンができるよう、これからもテキストを見直しながら頑張っていきたいと思います。ロッコ先生、岡本様、どうもありがとうございました。

K.K.

高校英語教員として公立学校で教えて10年が経ちますが、大学の専攻が英語教育ではなく、教授法や英語教育全般に関する、しっかりとした知識を学びたいとずっと思っていました。そこで様々なオンライン講座や通信講座を探し、比較していった結果INTESOLを選びました。 オンライン上には数多くの無料講座もあり、いくつか受講もしましたが、しっかりとした添削指導や個別アドバイスを受けられるという点でINTESOLは非常に魅力的です。 なかなか時間が取れず、しばらく間が空いたこともありましたが、機械的に「締め切りを過ぎたので受講資格を喪失する」というわけではなく、そういった受講生の助けとなる様々な仕掛けもあり、なんとか無事修了証を手にすることができました。 手厚いサポートやアドバイスをくださった岡本さんやロッコ先生には、とても感謝しています。ありがとうございました。

A.O.

英語を使う仕事についた経験はあるものの、英語を教えることについては全くイメージがなく自信がありませんでした。しかし知り合いから英語を教えて欲しいとの依頼が多くなる中で、英語を身につけたいという切実な思いを持つ人が楽しく学び続けられるようにするにはどうしたら良いのかを考え模索するうちにインテソルの講座に出会いました。一度は受講継続を断念しましたが、再チャレンジの機会が与えられ何とか修了することができました。再度受講しようと決心したのは、本講座が英語教授のテクニックのみではなく、英語でのコミュニケーションに大切な事を、教わる側の立場から解説した教授法の習得を目的にしている事を実感したからだと思います。これからは本講座で学んだ事を土台にし、多少なりとも自信をもって英語を学び続ける楽しさを伝えることができればと思っています。

Y.U.

現在、私立の中高一貫校で英語を教えています。教員の教授技術を高め、よりよい魅力的な授業を行うための内容が、本プログラムでは充実しています。担当の教員による細かいフィードバック、授業における生徒へのアプローチ、授業にひきつける方法、英語の文法や音声学に関する細かい内容について、しっかりと勉強できました。

私学高等学校教師 OS

某英語教室で教えて十数年になります。英検1級は取得しましたが、教員免許を持たずに教職についていることに不安を抱いておりました。以前は、いかに生徒にわかりやすく教えるかということばかり考えておりましたが、このTESOL講座で教育の基礎を学ばせていただきました。生徒との良い関係づくりに始まり、居心地のよい教室の雰囲気づくり、生徒のモチベーションアップの方法等々、学ぶところがたくさんありました。ロッコ先生のワークショップにも何度か参加させてもらいましたが、教室に貼るポスターから、机のフォメーション、レッスンの構成など、常に生徒の立場になって考えることが必要であると教えていただきました。現在の仕事には会社のマニュアルがあって、自分でレッスンを組み立てるということはできませんが、これらのことを活かしていきたいと思っております。先日、Certificateを手にして大変うれしかったので、頑張っている生徒にも手作りのものを渡したところ、大変喜んでくれました。毎回のタスクは大変でしたが、修了できましたことは、自信になり、これからの糧になっていくと思います。岡本先生、ロッコ先生、ありがとうございました。

Y.K

現行の学習要領施行前より、コミュニケーション力を育む英語指導を、手探りで行い、各所で論文発表、模擬授業を行ってきましたが、様々な局面で、「生徒を活動的にするには」と様々なレベルで試行錯誤が続きました。今回の受講はそのヒントになると確信し受講し、4技能指導に対しての自分の正しさの確認や、新たな見方を吸収することができました。次のステップの受講も検討していきたいです。

公立高校教諭 M.M

幼少期に英語環境で育ち、アメリカで大学を卒業後は現地の小学校で担任をしていました。帰国してから初めて日本人の子供に英語を教えるようになり、自分の習得経験とは全く違うことから疑問や戸惑いもたくさん生まれました。そんな時にTESOLプログラムの事を知り、受講。リーディング教材は共感できることや役立つ現実的な視点も多く勉強になりました。レポートを書く際も、自分が教えている経験と重ね合わせることができ、学んだ事を実際のレッスンで生かしながら取り組めたことも良い経験となりました。現在は大人英会話やビジネス英語も教えるようになりました。自分一人では客観性に欠けてしまうこともありますが、頂いたフィードバックを読み返しながらより生徒さんの役に立つレッスンをしていければと思います。

N.K.

スカイプのサポートとワークショップはできる限り参加してください。タスクとはまた異なる実践的なアドバイスを頂け、とても有意義です。私は時間の確保が徹底できず、十分参加できずに残念な思いをしました。インテソルジャパンのTESOLの資格は、色々な意味で一生の宝物になるでしょう。

Y.W.

外国語としての英語教育というものを体系的に学ぶ貴重な時間でした。現場で英語を教えていても、自分のレッスンについて客観的に見ること、俯瞰する事は中々できないのが事実です。本コースを通して、原点に戻って英語を教える姿勢と学ぶ意味について考えるきっかけとなりました。INTESOL講義(教材)内容に加え、様々な文献や研究を用いて自分の考えをまとめる過程も良かったと思います。大変だったのは、やはり、時間を割いてレポートを書いたり、より深い学習に当てる時間を確保することでしたが、自分のリズムで進められますし、十分な有効期限があるので興味のある方は、是非トライしてほしいです。

佐藤ひじゅ

コースの内容がとても具体的ですぐにでも授業で使いたいと思うようなヒントがたくさんあり、助かりました。テキストは予想以上に難しく、理解できていない部分もありましたが、質問すると丁寧にも教えてくれ、提出課題のコメントも的確でためになりました。これからも時々テキストや課題を見直して、仕事に活かしたいと思います。ありがとうございました。

Natsuki Miyamoto

大学で英語を教えることになり、英語教育法の基礎を学んでおきたいという思いから受講しました。なかなか課題に取り組む時間が取れず、最後は少し延長してもらってやっと修了しましたが、諦めずにやってよかったです。先生からのフィードバックで自分の弱いところも分かったので、これからの実践に生かしたいと思います。ありがとうございました。

C.N.

私は高校教師をしておりますが、今子どもの育休中で余った時間を何とか有効活用できないか思い、以前から興味があったTESOLにチャレンジすることにしました。小さな赤ちゃんを育てながらなので、課題を全てこなすのに一年近くかかりましたが、大学で学んだ英語教授法とは違い、世界基準の英語教授法を学ぶことができ、復帰した際にはすぐにでも授業で実践したい内容がたくさんありました。子どもたちとの信頼関係の構築、各スキルにおける効果的な指導法、生徒主導の授業の進め方、カリキュラムの立て方、など細やかに学び直すことができ、充実したプログラムとなりました。大事なポイントを何度も繰り返し見直すことが必要だと思うので、もう一度読み返してポイントを整理しておきたいと思います。ありがとうございました。

M.A.

このプログラムの内容はとても充実していました。文法や発音について、また色々な生徒に対しての対応の仕方であったり、ティーチングそのものについても知識を深めることができました。リーディングとセルフテストをしっかり行なった上でタスクに取り組む必要があるので、内容が身につきます。担当の先生には毎回丁寧なフィードバックをいただきました。育児、仕事の合間に勉強をしたので、1年ちょっとかかりましたが、追加料金もなくありがたかったです。

M.I.

英会話学校で講師をして5年余りになりますが、学校での研修は受けているものの、 きちんと教授法を学んでいない自分にどこか力不足を感じていました。 のっけから難しい課題でとても苦労しましたが、Rocco先生、岡本先生のサポートのお陰でなんとか修了する事ができました。有難うございます。 テキストの内容、課題とも理論だけでなく実践的な内容なので、学んだ事をすぐに自分のレッスンに取り入れる事ができました。 通信講座なので無事修了できるか不安でしたが、Rocco先生からの丁寧なfeedbackに勇気づけられ、自分の目標としていた半年を少し過ぎてしまいましが、約7か月ですべての課題を提出する事ができました。 本講座を受講したことは、とても有意義でした。マンネリになりがちなレッスンに新しい風を吹かせてくれました。

村上 喜代子

海外赴任中に約3ヶ月かけて受講し、修了致しました。英語を使う機会、家庭で英語を教える機会が多くなり、一度教える立場から英語を学び直したいという気持ちから受講致しました。教職についた経験もありませんでしたが、実際に生徒の立場に立ってレッスンを組み立て、それに対して的確なアドバイスをプロの目線で頂けたのは、非常に勉強になり、良い刺激を沢山頂きました。この経験を現在は子供達へ英語を教える際に活かしていますが、将来的には活動の場を広げる上で強みになると感じ、受講させて頂き本当に良かったと改めて感じています。

F.S

子供英語教室で英語講師として5年勤務後、 小さい子供への英語の指導法に自信がなくなり、退職しました。 少し時間が経ってから、やはり子供たちに英語を教えたいと思い、 現在は他の仕事をしながら、週に1回自宅で英語教室を開いて5年になります。

TESOLは自分には英語指導の経験があるから、再確認程度の内容であると 考えていましたが、初めてみると一転、気付かされることばかりでした。 まるで今までの自分の指導法が否定されたかのように感じ、辛くなったこともあります。 しかしそれはやはり自分がつまづいてきたポイントだったと思います。 自分の英語力をアップさせる必要があることも気づきました。 指導していただいたロッコ先生は、英語指導の経験が豊富で、引き出しがたくさんあり 尊敬すべきアドバイザーです。 150時間のコースを終えるのに、1年では終わらず延長もしていただきました。

私は受講が終わったからと言って急にいい指導はできませんでした。 今後も何度もテキストを読み返し少しづつ自分の指導法を改善していきたい。 そして、英語の指導を続けていきたいと思います。 岡本様、ロッコ先生ご指導ありがとうございました。 自分ができる中で、レッスンプラン生徒たちに興味深いものにし、 これからも英語レッスンを続けて、将来は外国で英語講師をしてみたいと考えています。

Y・N

15年前から、英語教室で幼稚園から中学生を教えて参りました。会社の研修を受け、毎回のレッスンは丁寧に準備をしてきたものの、うまく行くときといかない時があり、また、果たして自分の今のやり方が最善なのか確固たる自信はありませんでした。以前よりTESOLについては聞いたことがあり、受講したいと思っていましたが、大学院に行くにはハードルが高く諦めていました。
今回、オンラインで、なおかつ非常に充実した内容を学べると聞き、飛びつきました。一つ一つ学んで行く中で、今まで靄がかかっていた部分が晴れ、今では授業の目的、その目的を達成するために必要な授業の組み方、子供達が楽しめるかどうか、4技能のバランスはどうか、全てを考えて、しっかりした授業を自信を持って作れるようになりました。
仕事と家事との時間をやりくりしての時間の中で、テキストは全て英語。決して簡単に終えることはできませんでした。1年かかりましたが、ロッコ先生の的確な指導に気づくことが多く、辛くても楽しい、そんな時間を過ごさせていただきました。岡本先生にも迅速で明確で優しいサポートを多々いただきました。ありがとうございました。
私は今後、学んだ内容を常に思い返して、楽しく充実した授業を作って行きたいと思っています。またインテソルジャパンの今後の講座についてもぜひ全て受けたいと思っています。これからも宜しくお願いいたします。

Junko T

テキストは熟考された内容で非常にわかりやすく、タスクに取り組むことで確実にスキル習得に近づくことができたと考えます。また先生の丁寧なフィードバックや質問回答のおかげで無事講座修了できました。この資格で自信もつき英語講師への夢へと一歩近づけたと信じています。TESOLに挑戦して本当に良かったです。

Marina T. Y.

もともとTESOLに興味があり、自分の空いている時間を見つけて知識を習得出来るということで、このINTESOLの講座を受講しました。自分が知っているつもりでいた英文法や問題作成など、いざ英語で説明するとなると思ったよりも大変で何度も挫けそうになりましたが、先生方の温かいサポートのおかげで無事修了することが出来ました。この講座は今までの自分の指導法を見直すきっかけとなると同時にに、様々な知識を得ることが出来るので英語教育に携わっている人や英語教育に興味がある人はぜひ受けるべき講座だと思います!本当にありがとうございました。

M.K.

初めまして、フィリピン生まれですが、日本に住んで17年立ちましたがいちばん最初思ったことは、日本人の受講生の方々のスキルアップに役に立てるように、きちんと英会話講師としての資格を取りたいとおもい、受講致しました、何とか150時間講座を終了する事ができました。これもひとえに、ロッコ先生のわかりやすいフィ-ドバック、岡本先生のサポ-トのおかげです。TESOL の講座の、PDFを印刷して、読み、自分なりの理解した後に、課題に取り込む。それそれの章で、自分の時間を管理をする能力も必要とされる講座だっと思いました。課題の中で、自分の弱いところも気がつき、今まで以上に自信をを持って英語指導に当たることできるようになったこと本当に満足しています、TESOLの基礎知識が身につき、とても良い機会でした。これからも次の目標に向かって頑張りたいと思います。ありがとうございました。

Yamauchi Maria

高校英語教師として10年以上教壇に立ってきました。これまで数多くの研修を受けましたし、研修会等にも参加してきました。それでもやはり、日々の授業をする中で、何か物足りなさというか、そのような気持ちは常にありました。「これでいいのだろうか」「生徒は英語力が上がっているのだろうか」、このような不安や悩みは、英語教師であるなら誰でも抱くことだと思います。そのような折に、偶然にもインテソルジャパンやTESOLなる世界レベルの英語指導認定資格の存在を知り、「まさにこれだ!」という思いでレベルチェックテストを受け、無事受講にこぎつけました。受講中は、ハイレベルなタスクの壁に何度 もぶち当たり、出口の見えない暗いトンネルを歩いているような気分で、何度も挫折しそうになりましたが、ロッコ先生のアドバイスをいただきながら、A1やA2の成績でタスクを終える度に自らを奮い立たせてきました。最終的にはA1の認定をいただき、自信が付きました。岡本様にも度重なる質問や相談をして大変ご迷惑をおかけいたしましたが、その都度誠意ある対応をしていただき、心より感謝しております。TESOLの認知度はまだまだ日本では低いですし、英語教師であってもTESOLを知らない、資格を持っていない人はたくさんいるのが現状です。TESOLは、英語教師には絶対に必要です。私もまだまだ勉強中の身ではありますが、TESOLを一人でも多くの英語教師に伝播できるように、 またTESOLで学び得たことを一人でも多くの生徒に還元していきたいと考えています。岡本様、ロッコ先生、本当にありがとうございました。インテソルジャパンのますますのご発展を祈っております。

藤島 英知

2016年7月28日、おかげさまで400人目の受講生を迎えることができました

シンガポール在住16年目の主婦です。シンガポールでも語学学校へ通えば受講できますが、通信は日本しかないようでしたので、岡本様、ロッコ先生にお世話になり150時間コースを、1年かけて終了しました。教師経験はありませんが、子供たちが当地でローカル校に通うようになり、日本語を母語として話す子供たちの勉強を見るにあたって、正しい知識を得ておきたいという気持ちで、講座を始めました。最初は子供たちが勉強している横で、子供たちの勉強を見ながらやるつもりでいましたが、教材が届いた日に思った以上のボリュームにこれは片手間には出来ないと驚きました。子供たちが学校にいる間に時間を見つけて、教材に目を通し、まとまった時間が取れそうな時を見計らって課題を提出しました。私自身は外語系の短大卒ですので、もう一度勉強し直すつもりでいたのですが、前半はそういう意味では文法を一緒に学ぶことが出来ましたが、教授法を学ぶという事に特化した講座ですので、当たり前なんですが後半はほとんどどんな授業を組んでいくかなど、より専門的な内容になっており、教師経験のない私としては厳しい部分もありましたが、ロッコ先生の添削は本当に細かいところまで見ていただいているんだな…と感じられて、励みになり大変勉強になりました。課題が終わらないことに焦りを感じながら過ごしていた一年でしたが、今は課題がないのが淋しいくらいです。講座を始める頃は、思ってもいなかったことですが、いつか自分の子供たち以外にも、日本からシンガポールへ転勤になって一緒に来られたお子さんに教えることが出来たら、と思っています。

Y.O

高校で英語教師をしております。自己啓発のため何か勉強できるものはないか探していたところ、TESOL講座を知りました。タスクはチャレンジングなものでやりがいがありましたし、完成させる過程で色々調べ考えることが楽しかったです。途中、妊娠による体調不良でらなかなか進められず、期限を過ぎてしまいましたが、延長させていただきありがたかったです。

T.S

I fully enjoyed the 180-hour INTESOL Course, which was quite informative with regard to both conceptual guidance on how to become a good teacher and specific teaching techniques and ideas. The course provided me with invaluable training, useful knowledge and information, and confidence to pursue a new career. I am completely satisfied with this course, and I highly recommend it to anyone looking for high quality training in teaching English.

AT

突然HPで見つけ、始めさせて頂いた講座でした。日本事務局の岡本さんはいつも丁寧にご回答下さり、臨機応変にご対応下さり、何とか終了することが出来ました。日本の講座とは異なり、課題も多く、週末はすべて課題作成に時間を使いました。また、ロッコ先生も的確な指示を下さり、短いメールの中にも先生のあたたかさを感じることが出来ました。これからはじめられる方にアドバイスなど出来ませんが、お二人の支えがあればこの講座を完結することができると思います。私もそうでしたが、何とか完結する意思を持た頑張って下さい。岡本さん、ロッコ先生、ありがとうございました。

M.I.

すべて英語で読み英語で課題をクリアしていくのは、日頃の英語学習を怠っていたツケが回ったようで何度も挫折しかけました。しかし、専属の先生とメールでやりとりしながらアドバイスをいただき、熟慮しながら課題を終えるのは快感でもありました。課題を取り組む際にすべて共通していたことは「学習者の主体的な学びを基本概念に置くこと」だったように思います。毎回の授業に真摯に向かうこと、学習者のことを考えたプランを考えることを学ばせていただきました。ありとあらゆる工夫を試していく楽しさを大切に、ほかの先生方にも学んだことを広めたいと考えています。

後藤 緑

語学学校で英語講師をしていますが、経験を重ねてもこの指導法で様々なニーズをお持ちの生徒さんたちにあったレッスンができているのかいつも気になっていました。以前からTESOL講座に興味がありましたが、時間や費用の面で希望にあうものが見つからずにいたときに出会ったのがINTESOLで、受講して本当によかったとおもいます。生徒主導のレッスンができるようにこれからも学んだことを振り返り努力していきたいと思います。

Y.M.

県立高校の教員になって30年になります。コミュニケーション能力育成のための英語教育という変革の波に乗るべく、英語で授業を進めるなど様々な取り組みをしておりますが、「本当にこれでいいのか。」と行き詰まりを感じていた時に、ネットでINTESOLの通信講座の広告を見つけました。昨年の4月から始めて、12月に終了しました。本当にすばらしい内容でした。現場は教科書をいかに活用するかで四苦八苦しておりますが、TESOLのタスクは、教材開発というクリエイティブな視点が大切にされていて、どのような力をつけさせたいのかなど、ひ とつひとつしっかり考えながらタスクを仕上げていく形です。最新の理論に基づきながらも、常に生徒の立場に立つヒューマンな視点が核となっていて、すべての説明に納得しながら進めることができました。正直、仕事をしながらの勉強はしんどいこともありました。また、最後の課題を年内に出したいと焦ってしまい、最後だけA2の成績で、自分の気の緩みを反省したりもしました。でも、修了証書(CERTIFICATE)が届いた時のよろこびはひとしおでした。今後の教員生活で迷いが生まれたら、教材を読み直して軌道修正をしようと思います。また、「いつか自分の英語教室を持ちたい。」という夢にも一歩近づけたと感じています。添削を通して的確な助言と心優しい励ましをくださったFrank先生、質問に迅速に お返事をくださった岡本様など、多くの方にお世話になりました。ありがとうございました。

M.T.

現在、大学にて英語を教えております。英語を教える上で、より高いスキルを身に着けるため、TESOLの資格について検索していた際にこちらにたどり着きました。150時間講座を修了するのに、予定より長くかかってしまいましたが、途中ブランクがあっても励まして頂いたりしながら、最後までたどり着くことができました。この講座で身に着けた知識を実践できるよう、今後とも精進したいと思っております。ありがとうございました。

M.H.

TESOL150時間の講座が無事終了できたことを本当に有難く思っています。英語教師生活25年以上になりますが、どのモジュールも興味深く、新たな発見がありました。具体的な指導法も大変参考になりましたが、教師としての姿勢、生徒を観察する視点、心の在り方など、とても大切なことを学ぶことができました。担任や部活動など現場の仕事との両立がなかなか思うようにできなくて、課題をついつい先延ばしにしてしまい、修了するのに結局1年と3か月かかってしま いました。課題の提出が遅れたり、修了期日の延期などいろいろありましたが、岡本さんにはその都度とても丁寧に対応していただき、安心して学習を続けることができました。終了した今でも、テキストには本当に役に立つことが沢山書いてあるので、もう一度復習をしています。これからも繰り返し学習し、授業に役立てていきたいと思います。ありがとうございます!

T.W

現役中学校英語教師です。教壇に立って2年目で、自分の授業に手詰まり感を感じる中でこの講座をインターネットで見つけました。海外の語学学校に通っていたときに、TESOLという資格があることを知りましたが、通信で取得可能な資格だとは思いませんでした。実際に、説明会に参加してみて、受講を決意しました。それからは、隙間時間を見つけてはテキストを読み、休日にタスクに取り組むという流れで、1か月半で講座を修了しました。テキストは非常に洗練されていますし、フィードバックをしていただけるチューターの先生はとても親切でした。ありがとうございました。

Y B

小学校英語専科教員です。現在、育休中です。現場から離れている間にできることがないかと考え、intesolで学ぶことを決めました。課題によっては、難しいものもありましたが、詳しいテキストと先生方のサポートのおかげで修了することができました。復帰後は、学んだことを活かしてがんばりたいです。

OM

元教員で、子育て中のブランクの後、現在は中高一貫校で講師をしています。復帰前に、英語学習者として、英検1級や通訳案内士の試験勉強等を通して、私自身が学生時代に受け、また昔、教員時代に教えていたような授業のやり方では使える英語が身につかないことを実感しました。

教壇に復帰後、自分なりに色々と試行錯誤したり、研修会に参加したりして授業改善に努めてきましたが、総合的に教授法を学び直したいと思っていた時に、INTESOLの講座を知りました。

受講料も、自宅で居ながらにして学べる点も手軽ですが、内容は大変充実しており、私の期待に沿うものでした。日本語に訳したら終わり、ひたすら文法問題集を解く、等 未だ多く行われている従来型の日本の英語教育が、いかにガラパゴス的なものか再認識させられました。Rocco先生のフィードバックも、自分が従来のやり方や考え方からまだ脱却できていないことに、気づかせてくれました。また、岡本様にも、質問等には毎回すぐにご対応いただき、感謝しております。この講座で学んだことを忘れず,、日々の授業に活かしていきたいと思っています。ありがとうございました。

K.K.

私はTOESOLの180時間講座を受講しました。課題はとても難しいものが多かったのですが、教材にある論文を何度も読んだり、自分で色々と調べたりしてなんとか終えることができました。働きながらの受講でしたのでとても大変でしたが、大変勉強になりました。今は英会話学校働いていますが、TOESOL講座で勉強したことがとても役に立っています。時々授業作りで悩んだ時などは、TOESOL講座の教材を見直したりしています。

U.W.

近年、英語教育分野で人気のあるTESOLというものに興味があり受講しました。私自身、英語教育に携わっているので、これまでの経験と合わせて、たくさんの発見がありました。日頃の授業で行っている活動の理論武装ができた気がしています。各モジュールの英文はとても読みやすく、参考文献もよい参考となりました。また、Rocco先生のコメントも有益であり、サポートセンターの岡本さんの対応も素晴らしかったです。TESOLに興味があり、英語教員を目指している方々や、実際に現場でご活躍されている先生にもオススメです。

T.

ちょうど1年前の今頃受講を決意し、講座を終えるのに1年かかりました。日々の生活に追われる中で何度も挫けそうになりましたが、最後まで終えることができ今本当に嬉しく思います。学生時代はフランス語を専攻し、その後会社勤め、結婚、出産、タイの大学院でタイ研究、海外と日本での子育て..... と、その時その時を暮らすのが精一杯で、将来英語を教える (教えれる)ことになるとは夢にも思っていませんでした。そんな私が、6年前に機会あって英語教育に携わるようになりました。現場に立ってみると、自分の教え方はこれでいいのだろうかと常に自分に問う試行錯誤の日々でした。そんな中、職場でTESOLについて聞き興味を持っていたところ、INTESOLに出会いました。講座を進める中、ああそうなんだ!と本当に多くの事を学ばさせて頂きました。受講中は課題をこなすだけで精一杯でしたが、今後は、何度もテキストに戻りながら、現場で学んだことを実際に生かしていきたいと思います。ロッコ先生、根気よく添削してくださり有難うございました。そして日本事務局の岡本さん、岡本さんの迅速で丁寧な対応に本当に心から感謝しています。本当に有難うございました。

K.U.

TESOL150時間講座を修了しました。受講スタートから9ヶ月間、岡本先生からは迅速かつ丁寧なアドバイスを、Rocco先生からは的確かつ綿密なご指導を頂きました。成人クラスで英会話を指導する経験はあったものの、どのようなアプローチが適切であるか、効果的な指導法はどのようなものか、どの教材をいかに活かすべきかなど、悩みは尽きませんでした。葛藤の中で出会ったのが、通信講座で学べるTESOL150時間講座です。主婦であり、母でもある私にとっては、家を留守にする必要もなく、仕事をしながら学べる環境とあって、すぐに受講を決意しました。学習意欲は最後までキープできました。英語教育に関わる書物をたくさん紹介していただき、それらをす べて購入して読破しました。成績については、もう少し上を目指せたのではないかという後悔の気持ちがあります。ですが、これを最終成績とせず、学んだことを復習しなおすことで消化吸収し、これからの仕事に役立てたいと決意を新たにしております。今は180時間講座に向けて準備中です。これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

E.M.

大学生のうちに、英語を教えるためのきちんとした資格を修得したいと思い、TESOLを通信でも受講可能なintesolを選びました。自分のペースでも勉強を進められることが非常に助かりました。途中大学の勉強が忙しくなり、一時的に休みを入れることもありましたが、そのおかげで大学の成績を維持しながら、TESOLの学びも無事に終えることができました。
以前何人かの生徒を教えたことはありましたが、本格的に英語指導をした経験はなかったので、時々英語教授法についてのタスクは難しいこともありました。そのような時は、インターネットで英語指導法について調べたり、参考文献を読んだりして、なんとかタスクを終えました。ロッコ先生のフィードバックでは自分が気づかなかった部分や思いついた教え方の改善点を指摘されて、実際に教える時に役立つアドバイスを頂きました。 タスクに取り組む際にはどのくらいの分量を出せばよいのか分からずに、実際期待されていた量よりも多くの分量で出してしまったことがありました。そういう時には悩まずに先生に質問するのが良いと思います。どのくらいを目安にすればよいか理解してタスクに取り組む方が、効率も良く、どこに力を注げばよいのか分かるので、私ももう少し質問しておけば良かったと今では思います。
TESOLを学んで、ただ英語ができることと良い英語教師になることの違いや、これまでは知らなかった英語指導法の分野について少しずつですが、知ることができたと感じます。ありがとうございました。

E.G.

私は元高校英語教師と専業主婦の後、現在は中学校で補習(非常勤講師)を担当しています。どうにか英検1級や通訳案内士(国家資格)を取得し、J-shine小学校指導講師の研修も受講しました。30年前と違って、教育現場ではcommunicative approachが進んでおり、ALTや留学された先生方と接する生徒は、英会話や発音がうまくなっている気がします。そういう状況なので、ALL Englishの授業(簡単な表現でOK)ができたら最高と思い、Intesol Japan にお世話になりました。日本語が1文字もない英語だけの教材(テキスト・参考文献それぞれ約300ページ)で勉強するのは初めてだったので、毎回提出前になると、本当に出せるのかとドキドキでした。(岡本様には日本語で質問できたので感謝です。)修了までに5ヶ月かかり、実際トータル約150時間でした。評点は普通でしたが、とにかく修了できてホッとしました。自信もつきました。
また、私はボランティアで英語講師(TOEICやイギリスTVドラマ)や地元観光ガイドもしています。ロッコ先生の貴重なアドバイス通り「英語を日本語に翻訳するのはやめて、すべて英語でしたほうが良い。そうしないと、生徒は将来もっと(英語を話すのに)困る。」をなるべく実践しようとしています。
英語教育は、この30年間で最も激変中の教科だと思います。教科書もアプローチも音声機器もどんどん進化?しています。それに対応すべく、Intesol Japan の150時間コースは、最も内容が充実して系統だっており、生徒の心理面まで学べるのでさすがです。しかも良心的な価格で、自宅で学べる最高の通信講座だと思います。 とても充実した内容で勉強になったので、個人的には、文部科学省に、この講座を教員免許更新講座と認めて頂ければ有難いです。
それでは、また今後ともよろしくお願いいたします。お世話になりまして、有難うございます。

N.N.

英語の勉強を10年以上続けてきましたが、どんなに勉強を続けても、どんなにスキルアップしても、’生徒’である自分を’先生’と見ることが出来ずに悩んでいました。あとどれくらい勉強を続ければ自分は先生になれるのだろうか...そんな時インテソル講座に出会いました。数多いコースや留学などが存在する中で、信頼出来るインソルジャパンの講座に出会えたことを心から感謝しております。教えた経験が全くなく、戸惑いも有りましたが、講座を始めてからは迷いも戸惑いもありませんでした。始めてすぐに感じたのはインテソルジャパンの講座が’本物’であること。内容は濃く、学んだことを実践できる課題のシステムは素晴らしかったです。経験が無い分、問われていることの意味が良く理解出来ないことも有りましたが、インターネットで関連する記事を読んだり、英語の先生の為のサイトで研究をしたりと自分のペースで課題を進めました。それでも行き詰まることが何度もありましたが、Rocco先生のアドバイスや適切なサポートは本当に素晴らしかったです。生徒同様、私達’教える側’にもお手本が必要であることを痛感し、言語と共に英語の楽しさを教えることが出来る先生になりたいと心から思いました。本当にありがとうございました。

Yuuki

アメリカのMBAで、元・NYの投資銀行マンの私が、15年間のうつの闘病生活から立ち上がり、人生のやり直しをするために、INTESOLと出会いました。世界中の受講者の半数しか修了出来ないと言われ、例外なく私も挫折しました。それでも、岡本さんの温かなサポートで、ようやく修了出来ました。宣伝文句に「嘘がなく」、修了する難しさに関わらず、絶対に指導の質を落とさない所に、一流の証を感じます。あなたは"a caring person"かと問われ、今までの「攻撃的な英語」から、「相手を生かす英語」にシフト出来ました。生徒のために何が必要かを気づかせる、最高の講座です。

西條 智之

英語教育に興味があり、150時間コースを受講しました。指導経験もなく、全く慣れない分野でしたが、テキストや指定図書とともに英語指導に関する論文(ネット上で多く公開されており、各国の英語教育事情を垣間見ることができる)を併読しながら、何とか修了しました。自戒を込めて申し上げますと、資料の読み込みや課題作成に思いの外時間がかかるため、コース冒頭でも説明される通り、計画的に学習を進めることが重要です。そして疑問点や問題が発生した場合、先生または事務所の担当者に早急に相談すると適切なアドバイスを随時くださるので、よいと思います。最後まで、あたたかくサポートしてくださったロコ先生と岡本さんに感謝いたします。

S.K

昔から英語が好きで、日本では英語の講師として働いていました。今、主人の仕事の関係で海外に住んでおり、現地で英語のコースを受講した際先生方がTESOLの資格を持っていらっしゃったので興味を持ち、ITESOL japan を始めました。一つ一つのタスクをクリアしていくうちに、知識や教授法など習得でき英語力の上達にもつながりました。

S.S

英語教師としてのスキルを上げるために受講しました。従来の英語教育とは違う、「コミュニケーションのための英語教授法」を学びたかった私にとって、期待通りでした。毎回頭を悩ませながらレポートを書いた経験は今後の財産になると思います。また、不安があるとカスタマーサービスの岡本さんが迅速に対応してくださり、安心して受講することができました。ありがとうございました。

K.H

TESOLの資格を日本で、しかも通信教育で取得できる!この夢のような情報を入手した時、興奮が頂点に達したのを覚えています。良く練られた構成のテキスト、徹底的な理解と柔軟な発想を要する課題、最適なアドバイスが盛り込まれた添削と評価。コース終了後、大きく成長した自分に気づくのは、私だけではないでしょう。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。今後も更に本コースの受講生が増えることを願っております。

Rie. K

受講前に必要テキストを印刷した所、終わりが見えないように思いましたが、いざ始めてみると楽しくあっという間に修了の日が来てしまいました。文法の基礎から、教えるに当たり先生としての心構え等たくさんの例を挙げてくださりとても参考になりました。英語を話すことは好きで、TOEICの点数も低くはありませんが、それを人に教えるということは容易なことではないと知らされてからINTESOLの存在を知りました。いかに生徒に興味付けをするかということがとても大切なことになってくると学び、その方法も教わりました。本当にありがとうございました。

Y.H

勤務している会社で社員向けに英会話研修を行うこととなり、講師を務めることになったのですが、英語を教えたことなどまったくなかったので途方にくれておりました。いろいろ探しているうちに INTESOL Japan であれば通信で本格的な英語教授法の基礎を学べると知り挑戦してみました。大学以来の英語でのレポートに四苦八苦しましたが最初は右も左もわからなかったことが徐々にわかってくるという学びの楽しさも再発見し、1年3カ月かかってしまいましたが修了証もいただいたときには文字通り飛び上がって喜んでしまいました。Rocco 先生のていねいなご指導にも感謝しております。今後は会社での研修に指導的な立場でより積極的にかかわっていきたいと意気込んでいます。ありがとうございました。

田中 心子

小学生に英語を教えているのですが、英語教授法を適切に学んだ経験はなく、手探り状態の日々でした。TESOL講座を申し込んだのは、きちんと子どもたちに英語を教えられるようになりたいと思ったからです。当初は、通信講座ということに不安もありましたが、テキストは優しい英語で書かれていて読みやすく、授業をするにあたっての参考例等も豊富で大変興味深く学ぶことができました。また、科目別セミナーでは、スカイプを通して、実際に先生から指導を受けることができ、テキストでの疑問点等を解決することができました。約半年かけてようやく終えた今、受講前よりも「英語を教える」ということに自信を持っています!では、最後になりますが、丁寧で適切な助言をくださったロッコ先生と、いつも迅速で親切にサポートしてくださった岡本さんに感謝いたします。本当にありがとうございました。

H.I

学生時代の家庭教師を除いては、英語を教えた経験はありませんでしたが、実質半年 間で150時間コースを終了することができました。 前々から英語教育に何らかの形で貢献したいという思いを持っており、1年ほど前 に、それまで30年余の間勤めた外資系石油会社を定年退職の少し前のタイミングで退 職し、受講を開始しました。 英語でのレポートはかなり苦労しながらも、自分なりに満足できるものを提出するこ とが出来ました。課題の指示を読んで何をどう書いたら良いのか途方に暮れることも ありましたが、テキストを改めて熟読したり参考書の関連部分を読んだりして何とか 書き上げたのも、今となっては懐かしい思い出です。 ROCCO先生はいつも的確な添削・コメントをして下さり、お人柄が伝わってくるよう な暖かいメッセージも添えて頂きましたので、随分励みになりました。また、岡本さ んはメールや電話での質問に対して丁寧に説明して頂き、学習を進めていく上での不 安を取り除くことが出来ました。 お陰様で終了に至った今、達成感でいっぱいです。 今後はこの資格を活かして英語を教える仕事をしながら、英語教育者として自分自身 の英語力を更に高める努力も継続していきたいと考えております。

汐見 正明

英語の勉強を続けてきましたが、 何か新しい角度から英語に取り組んでみたいという思いと、分野は違いますが、教えるという立場に立つ機会が増えたことから、TESOL180のコースを受けてみようと思いました。時間を作り出すとういうことは正直大変でしたが、ROCCO先生のコメントを励みに続けることができました。英語を教えるという仕事に携わるのであればもちろんですが、コースで学んだことはほかの分野でも活かせることもたくさんあります。人に何かを伝えていくという楽しさを学び、英語を含めた広い範囲でコースで学んだことを活かしていこうと思います。ありがとうございました。

Atsuko

INTESOL 180時間コースの利点は、子供から大人まで幅広い年齢層に対する教授手法を学ぶことができることと、長期休業しないで自分のペースで学習を進めることができることです。その反面、強い意志力とタイムマネジメントが不可欠です。課題に取り組む度に何度も心が折れる思いをしました。もうやめようと思うタイミングでRocco先生から課題の返却とフィードバックがあり、もう一回頑張ろうと意を新たにし修了まで辿り着きました。
課題に取り組む前に質問事項があればチューターに質問をすることを躊躇わないで下さい。気が遠くなるような課題に取り組む時に「どの程度の量」が求められているのかを質問したことで、だいぶ時間の節約ができたことがあります。今思えば、もっとたくさん質問すれば良かったと後悔しています。最近は、ビデオ講座もあるようなので、これからチャレンジされる方にはチャンスだと思います。
通学生の講座は時間さえ都合がつけば、課題の質と量について質問できたり、講義を聴きながら要点を絞り込むことができますが、INTESOLは自己学習のため骨が折れます。そして、どこまでやればA1なのかが分からないため、常にベストを尽くすことが求められます。最後のモジュールでちょっとだけ手を抜いたのですが、A2で戻ってきて後悔しました。これは痛い失敗です。
最後に,教材をダウロードして学習される方にアドバイスですが、プリントアウトして要点に付箋をつけながら学習し、きれいな状態で保管して下さい。とりわけ、Unit 4でこの意味が分かると思います。私はこのUnit 4の課題提出のために全体を3回読み直し、ファイルにハイライトした部分もプリントアウトして、手書きでハイライトをし直しました。手間をかけた価値はあったのですが、最初から丁寧にしておけば良かったとの思いからアドバイスいたしました。長年英語教育に従事されている方でも、きっと「知らなかった情報」に遭遇すると思います。あきらめずに、最後まで修了して下さい。

Taro

仕事・育児・家事と並行し、ほぼ一年という期間をかけやっと終了しました。最初は「こんな課題、私には出来ない!」と思ったのですが、何とか全ての課題をやり遂げ、自分で考えていたよりも良い成績でコースを修了することが出来たのは、非常に詳細で時にはユーモラスなテキストのおかげです。このコースでは英語教育に関する幅広い知識を得ることができましたが、それに加えいかに生徒のことを考えるかという、教師としての心構えも学ぶことができました。お世話になりどうもありがとうございました。

鈴木 めぐみ

主人の仕事を手伝いながらも子育てがメインだった主婦で、在米、今年の夏で11年目に入ります。子育てがひと段落し自分を見つめる時間が増えると、自分だけがアメリカに来てから何も成し遂げていないという想いに焦りと満たされないものを感じ、TESOLの資格取得に挑戦いたしました。
 実際にコースを始めてみると自分の為だけに使える時間が意外にとれず、自分のペースがかなり遅いことに気がつきました。余計にいただいた3カ月がなければ、150時間コースを途中で諦めていたと思います。たくさんいただけた時間、これこそがもっとも私にとって有り難かったものです。コースを続けている間、Taskを終わらせなければいけないプレッシャーもありましたが、常にゴールがあったので生活に張りが出てきました。最期のGradeを頂いた時には久しく感じる事の出来なかった達成感で一杯でした。現在Certificateが送られてくるのを待っている所ですが、手元に届いた際にはシャンパンでお祝いするつもりです。
 このコースを始める前には、「具体的な教授のテクニックを教わるんだろう」と、漫然と思っていたのですが、それだけではなく、英語を人に教えるに当たっての心の持ち方、姿勢を深く掘り下げて考える機会を与えていただきました。Taskdirectionが大きすぎて、漠然としていてどう取り組んでいいやら途方に暮れたことが何回もありますが、常に前向きなコメントを下さるMr. Nigroに助けていただき、コースを終了させることが出来ました。
 Native English speakerのTESOLが溢れ返っているこの学園都市で、この先どうやって経験を積んで行ったらいいものか、考えあぐねていますが、Volunteerから始めています。
Mr. Nigroそして岡本さん、ありがとうございました。

N.O.

私は、現役で英語教育に携わっており、何か継続的な外からの刺激が欲しいなと思っていたときにこちらの講座に出会いました。受講させていただいて、INTESOLの幅広い英語教育の切り口に驚かされました。教え方の多様さについて具体的に学べることができ、大変有益な受講期間を過ごすこ とができました。私の場合、150時間コースは春休みに集中的に行い、約3ヶ月で修了いたし、その後の30時間にはかなりのブランク(10ヶ月ほど)を経て復帰し、かつ丸々2ヶ月を要してしまいました。ひとたびINTESOLの勉強習慣から離れてしまうと、元に戻すのがかなり困難でしたので、エンジンがかかったら、その勢いで一気に走り抜けたほうが効率がよかったかも??と思っております。しかし、どんな些細な質問に対しても迅速でご丁寧なお返事を下さる岡本さん、そして、添削には細かいところまでご配慮くださり、かつ毎回あたたか なメッセージを添えてくださるRocco先生に長い間お世話になれましたことは大変嬉しく幸せなことでした。ありがとうございました!

S.S

英語講師を始めて8年ほど経った頃、スキルアップの勉強がしたいと考えていました。TESOLを勉強するのに留学は経済的に難しいと感じていたところ、INTESOLの講座に出会いました。仕事をしながら、そして母の介護も重なり180時間の講座を修了するのに1年以上かかりました。終了できたのは、この講座が自分のペースで進められるからだと思います。お値段がお手頃であるからと言って内容が浅いわけではなく、INTESOLの課題提出で得た知識は今のティーチングにも大いに役立っています。自分がどのように授業をしてきたかを振り返り、日々のレッスンプランこの講座で学んだことを取り入れているところです。Rocco先生には丁寧に添削していただき、大変励みになりました。ありがとうございました。

M.M

保持している教員免許や指導者資格などはすべて国内で取得したものでしたので、今回は国際的な資格に挑戦したいと思い受講しました。私は英会話教室やイマージョン教育で十数年の教授経験があるのですが、受講中は基本に立ち返ることができ、新たな気付きや学びも多くありました。平日の夜は仕事でぐったりしたり、忙しい時期などは手付かずだったりしたこともありましたが、自分なりに修了までの長期学習計画と、月ごと・週ごとの短期計画を立て、週末は必ず勉強に当てる時間を設けるようにし、できなかった分の調整は月ごとにするなどを心がけました。添削のフィードバックからは毎回たくさんのことを学ばせていただき、幾度となくやる気をいただきました。なかなか進めず時間を要した単元もありましたが、その分資格証が届いたときの喜びは格別でした。ロッコ先生の熱心なご指導と岡本様のご支援に深く感謝いたします。「教える」という仕事をするために、自分が改めて「学ぶ」側の立場になって気持ちを感じることができたことが、大変貴重な経験となりました。

岩村 真弓

ものすごく時間がかかりましたが、何とか150時間講座を終了する事が出来ました。これもひとえに、Rocco先生のわかりやすいfeedback, 岡本さんのサポートのおかげです。私は幼稚園に通う2人の子を持つ母であり、子供から大人までの生徒さんに語学学校で英語を教える英語教師でもあります。毎日英語を教える中で、もう少し自分のスキルをアップさせたいと思いつつ、学校などに通うのはとても無理と思っている時に、この講座を知りました。時には、子供の病に勉強する時間と気力を失い、幼稚園の行事などに時間を割かれ、仕事にふらふらに なりながらも、わかりやすく書かれているテキストのおかげで、ものすごく時間はかかりましたが、最後まで終了する事が出来ました。この講座を終了することによって、自分の中でのやる気と自信が少しついたような気がします。ありがとうございました。

T.W

幼少期から高校1年まで米国で育った私にとって英語は母国語であり、コミュニケーション手段であり、生活の一部です。英語を教え始めて5年経ちますが、体系的に英語を教えたいという想いが日に日に増し、英語指導に関わる方法論を学びたいと思っていたところ、この講座に出会いました。英語で苦労した経験がない私にとって、英語を母国語としない人に対する実践的な教授法を学べるTESOLの講座は大変いい刺激になりました。課題への取組に際しては、過去の経験を踏まえ、具体的な例を交えながら一つ一つ丁寧に仕上げていきましたが、Rocco先生に添削していただいた結果、これまでの自分の教え方は間違えていなかったということを再認識すると共に、思い掛けない指摘による新たな気付きも得ることで、lesson planningの幅を広げることができました。また、TESOLは国際的に認められている資格であることで、英語指導に関する将来の仕事の可能性が広がったのみならず、今まで以上に自信を持って英語指導に当たることができるようになったことに満足しています。将来ヨーロッパまたはアメリカで英語の先生になることを夢見て、更なるstep upを目指して頑張ります。

木村 俊彦

私は、1年間かかって150時間講座を修了しました。私自身、ひとつの章をひとつひとつ私なりに、最大限利用したいと思い講座をうけました。私は今まで、自分が英語をおしえる立場になったことはなく、自分自身の英語力を少しでも伸ばしたい気持ちで受講しました。TESOLの講座の、PDFを印刷して、読み、自分なりに理解した後に、課題にとりくむ。それぞれの章で、自分の時間を管理する能力も必要とされる講座だと思いました。課題の中で、自分の弱いところも気がつき、またクラスルームの環境では、どのように生徒さんに接することが、学生さんがやる気になるのか、など単に英語を教えるmethods だけではなく、「教える」といいう職業につく皆様に共通する大切なことを学ぶことができました。英語を習う、教える、それには終わりがないと感じました。課題の中では、英語で書くということだけでなく、柔軟な発想、そして、ユニークな発想、魅力のあるクラス運営をするには、どうしたらいいのか?など、考えさせられることが多くありました。このTESOLコースで得たことを、これからにいかしていきたいと思います。どうもありがとうございました。

久我原 朋子

大学の頃から社会人になったら、TESOLを海外で受けようと思っていました。しかし、現実問題難しくて、働きながら通信で受けれないかと思っていた矢先にINTESOLに出会いました。今英語講師をしていますが、INTESOLのテキストを読んで、英語を教える新たな方法があると沢山発見できて、それを今後もたくさん生かしていきたいと思っています。INTESOLを終了して、手元に証明書が届いた時は夢のように嬉しかったし、終了しましたがテキストを何度も読みなおし仕事に生かしたいと思います。

Y.Y

現在海外の大学・大学院勤務で英語以外で授業をしています。英国留学経験があり、たまたま英語学科の同僚から、Tesol取得を勧められ、英語を磨きなおし、苦学の末、Tesol180時間講座受講・修了に至りました。取得後、同僚の英語のネイテイブと同等の資格のこともあり、思っていた以上に尊敬のまなざしに変わることに、あの苦学の甲斐を実感しています。今回のTesol取得を通じ英語教育の国際性に果てしない信頼を得るとともに、果てしない今後の研鑽への活路を垣間見ている次第です。また、現在赴任している現地言語取得についても、年齢的な諦観もございましたが、Tesol短期取得の達成を経て、自信を回復し、更に学生への鼓舞の根拠としても言動に移している次第です。「私でさえTesolの短期取得が可能となったのです、貴方達に不可能は無い!!」と日々の授業で申し上げています。ロッコ先生、岡本様、執筆に耐えない謝意を込めて御礼申し上げます、Intesolに幸あれ!!

Kayoko Rydica Tsuji

TESOLコースを終えることで、英語指導に関する仕事の可能性が広がったのみならず、自信を持って英語の指導に当たることができるようになりました。コースを通して多くの指導実例を学ぶことができ、また、担当教官からは提出課題に対する的確なフィードバックを頂き、現場ですぐに生かせる知識が身に着きました。

T.T

私の夢は英語を母国語としない英語圏に住む子供たちに英語を教えることです。私が帰国子女ということから、自分と同じような経験をしている子供たちに英語を教え、何らかの形で携わりたいと思っています。学校で教員免許を取得するため日々勉強しているが、国際的に認められている資格が欲しいと思い、TESOLを取得しようと思いました。実際、自分のペースで進めることができ、楽しみながら勉強することができました。主に学校の長期休みを活用し、その時期に集中的に勉強しました。テキストもとても分かりやすい英語で書かれており、理解しやすかったです。先生からのフィードバックも楽しみながら受講できたと思います。

石丸 楓香

以前、英語を教えていました。事情により転職しましたが、定年が近づくにつれ、英語教育の現場への復帰を強く望むようになりました。その思いを胸に、今年の2月に「TESOL講座」の説明を受け、そして迷わず申し込みました。150時間の課題の分量は少なくはありませんが、6か月で修了する計画をたてました。受講中は、英語で英語を教えている姿をイメージしながら課題に取り組みました。今、予定通り受領した修了証が、夢を叶えるために歩を踏みだした私を勇気づけてくれています。

Y.Y.

英語を教えはじめて10年以上となりますが、大学で取得した英語教員免許に甘んじ、指導を客観的に見直す良い機会になればと思い履修しました。教材はとても充実していてついつい忘れがちになる”生徒目線で指導する”を想起するきっかけになるInspiring Wordsであふれています。アタマでは分かっていても、なかなか実践できない指導のエセンスを再確認出来、受講して良かったと思います。また教材は折に触れて見返したいと思います。

松田 真木

TESOLは私の友人のオールトラリア夫妻が英語講師として資格を取ったという話を聞いてから関心がありました。仕事をしている関係でどこかに通うこともできない中で、通信という形でここまで学ぶことができたのは本当に役に立ちました。英語講師としてスキルアップしたいけどどうしたらいいのか分からないという方はきっといらっしゃると思います。教材の内容も豊富で、サポートもしっかりしているので着実に学習に取り組むことができます。迷っていらっしゃる方はぜひ始めてみてください。

柴崎 博之

私は英会話スクールや企業研修の英語講師として経験を積み、現在は専門学校で英語系教科を中心に教えています。職場にはTESOLを取得したネイティブ講師や日本人講師がたくさんいて、彼らから英語を教えていく上でTESOLがとても役に立っていると勧められました。しかし、いろいろと調べてみるほど、仕事を続けながら通学して学ぶのは今の自分には難しいということがわかりあきらめかけていました。そんな時通信で学べるINTESOLのコースを新聞で知りました。レポート作成は想像以上に手間も時間もかかるものでしたが、返却されたレポートには丁寧な添削やコメントが書かれていて、授業でもすぐに役立てることができました。特に、英語はコミュニケーション、という点は常に意識することが身に付きました。文法のテキストを使いながらも、一方的な解説、問題を解かせる、といったありがちな教え方ではなく、学生から引き出し、例文も学生たちが実際に使うようなものに替え、ペアワークやグループワークを取り入れることにより、学生達が生き生きと積極的に授業に参加するようになりました。英語以外の教科を担当する事もありますが、コミュニケーションを大事にするTESOLの指導法は英語に限らず他教科でも役に立っています。TESOLのテキストは、授業準備の時にいつでも手に取れるように今でも手元に置いています。

K.I.

子どもを出産してすぐにこの講座を始めました。子どもが昼寝をしている合間に自分のペースで勉強できたことがとても良かったです。以前、小学生へ英語を教えているときには、listening, reading, writing, speakingをすべて網羅しつつも楽しい内容にする、ということができていませんでした。今回の講座を通してどのようにそれぞれを関係づけてカリキュラムに組み込んでいくかを学ぶことができたのがこの講座を受けて良かった一番の点です。

べランド 睦美

私は英会話スクールで10年、自宅や塾で教えた経験を足すと約15年の英語講師歴があります。現在はオンライン英会話サービスの運営に関わっています。TESOLコース修了は20代からの目標でした。日本在住でも取得可能なインテソルを見つけたときは「これだ!」と思いました。再確認した内容、新しい知識を得てとても楽しかったです。感動した言葉はWe need our students to be happyです。ありがとうございました。

重藤 由紀枝

飽き性の自分が続けられるか不安でしたが、スタッフの方々やチューターの心強いサポートのお陰で、無事にコースを修了することができました。分からない箇所は、チューターにメールで質問をしたり、テキストに記載されてあるお勧めの本を買って調べて解決していました。そして、課題を提出する度にチューターから送られてくるコメントと評価に毎回励まされ、「次はもっと良い評価を取ろう」という目標に繋がっていました。自分の英語力を客観的に見ることができ、TESOLの基礎知識が身につき、とても良い機会でした。これを機に、次の目標に向かって頑張りたいと思います。ありがとうございました。

J.Y.

英語教師としてのステップアップのために受講しました。英語の授業を英語で行うことが求められる今、大変参考になる内容が多かったように思いました。教師自身の母国語が使えない中で、いかに効果的に英語の指導を行うかという問いに対する答えがたくさん詰まっており、現職で英語教育に携わっている方やこれから英語教師を志す方にとっては目からウロコの内容だと思います。今後は、学んだことを、いかに日本で高校生の指導に役立てていくかを考えていきたいと思います。

金子 宗睦

現在会社の社員向けに英会話講師をしており、受講生の方々のスキルアップにお役に立てるように、きちんと英会話講師としての資格を取りたいと思い、受講致しました。仕事と子育てと学習の両立は大変でしたが、めげずに最後までやり遂げ、資格を取得できて嬉しく思います。学習を続けて行く中で、生徒さんとの関わり方や、様々な学習プランのアイデアを学ぶ事ができたので、今後の授業に早速役立ていきたいと思います。

高野 紗夜香

仕事と家事に追われ時間が無い中で、20年ぶりに駆使した英語での勉強は、当初の想像より大変で、丸一年を費やしました。しかし、TESOLの奥の深さに触れ、これを知らない教師に英語を教わる生徒は不幸だとさえ思います。私にとっては「目からウロコ」の一年。今「英語教育に携わる者はTESOLを学ぶべきである」と痛感しています。

Mieko Shikata

私は長年海外事業に従事し、数年前に退職しました。もともと、英語好きだったのでこれを契機にもう一度系統立てた英語を勉強したかったのと 長年ビジネスの世界で得た経験を生かし、「 Business English 」を将来の若い世代に継承出来ればとの思いでTESOLの受講を始めました。このコース内容は想像していたより密度が高く苦戦し、修了まで約7か月かかりました。多少時間がかかり回り道しても焦らず自分のペースで進められることをお勧めします。いずれにしても英語が好きであれば大丈夫、必ず修了するの信念を持って頑張って下さい。この場を借り、御支援と激励を賜りました岡本様とRoccoさんに心からお礼申し上げます。

Kaz Gohara

TESOLの受講中は、サポートしていただきありがとうございました。新しいTASKを見るたびに、こんなの無理! と思いつつも、テキストを読み資料を調べて取り組んでいくうちに、少しずつ課題が形になって仕上がっていくのは、充実した楽しい経験でしたし、修了した今は、 英語を教える側としてやっていく自信がつきました。

A.T.

150時間コースを、約7か月かけて終了することができました。 自分の意見を考え、表現する英作文が多く、英語教育の経験のない私にとっては、かなり難しかったです。毎日、英作文のことを考えていました。この講座のお陰で、英語教授法が学べただけでなく、英語のエッセーの書き方に慣れることができ、英検などの資格にも役立たせることができると思います。今年の目標であったTESOL取得をかなえることができ、満足しています。これから、英語教育の世界へ飛び込み、経験を積んでいきたいと思います。質問にすぐに返信していただいた岡本様、ハッとさせられる有益なコメントくださったロッコ先生に、心から感謝いたします。

S.M.

やっと終了しました!みなさん私のような気まぐれ人間でも、途中挫折しながらやりぬいたので、できます! 大丈夫です! さかのぼること12年前、食事と風呂以外一日中英語を勉強して英検準一級(一級ではありません!)TOEIC 770点 しか取れず、そのあと数年間も英語は忘れ(lol) コンピューターミュージックに没頭していた人が 小学校英語指導に参加し TESOL の必要性を感じ再び英語熱が始まりました。ロッコ―先生の教えの通り 生徒中心のレッスン、生徒が生き生きとと楽しめる内容を求められます。皆さん、各モジュールで自身の意見、特にレッスンプランを書いた際、もうひとひねり考え、自分の意見中心のレッスン内容になっていないか、生徒の理解、学習内容の定着に結びついているか再読しましょう。成功の鍵は与えられた文献数冊をしっかりと読むことです! そうすればなかなかの Good mark がとれるかも。。。。。。です。自分はそこまでやったんかえ?! と今頃遅すぎる反省. Too late !! But you are not too late~。このコース終了後 TOEFL IBT のライティングでほとんど練習せず ぶっつけ本番で30点満点中20点ぐらいとれますよおお!! 鬼の reading も楽に感じます Great !! なぜかろくすっぽ練習していない speaking も20点ぐらい比較的楽に取れます,言語操作能力が上がったのでしょう。調子に乗ってサンディエゴ州立大学、TEFL コースに出願したらなんと TOEFL score が足りないにも関わらず、IETESOL コースを修了したことを告げれば受講OKの返事が返ってきたのです。やりました!! このまま一気にTESOL現地留学です。このコースで学んだ知識共々の余裕留学。いきなり現地にダイレクトに行くのは学習内容のレベルもわからず卒業(修了)できない、大金を失うというリスクを伴うので、こちらのINTESOLコースで 確かな知識をつけてから行くのです! 帰国したらTESOLの達人です!!そう簡単にになれるんかえ? Yes or No !!

Winkkiller

大学卒業後、実務で英語に触れる機会はありましたが、英語教育に関する知識はありませんでしたので、150時間コースを受講しました。文法、語彙など今まで学習してきた項目については比較的容易に課題を提出することができましたが、教材の作成やレッスンプランの作成は経験がありませんでしたので苦労しました。ともあれ、全ての課題を提出することができました。国際的に通用する一生ものの資格をこの価格で手に入れることができ、大変満足しています。この講座で得た知識を生かし、今後は英語教育にかかわる仕事をしていきたいと考えています。タイムリーにサポートしてくださった岡本さん、丁寧にコメントしてくださったロッコ先生に感謝いたします。

S.T.

英検一級を取得後、自分の能力をさらに伸ばす目的もあり150時間コースを受講しました。どのようにエッセイを構成していくか、パラグラフ毎の内容を明確にまとめるか、きちんとした教育を受けていない私にとってはそれが一番苦しい課題でした。しかしながら、少しずつ書き方のコツが掴めてくると何とか文章も書けるようになり自信も持てるようになりました。諦めずに最後まで課題を出し、さらに180時間コースを修了出来、満足しています。現在、小学校で英語のボランティアをしていますが、自信をもって子供達に教えることが出来ます。 先生の的確なご指導とスタッフの親切なサポートには本当に感謝しています。

和田 真喜子

TESOLの受講をとおして、その内容だけでなく英語で何かを学ぶという経験はとても有益でした。英語で何かを理解考えることは、英語の力を違う角度から身に付く実感がありました。また、TESOLの資格は、直接英語を教えるという以外にも、外国人の先生方のマネジメントに有益とうけていただける会社もあり、最後までやり遂げたことに満足しおります。

ほし あるこ

英語教育の経験はありませんでしたが、約10か月かけて150時間コースを終了するこ とができました。独学で英語の勉強を細々と長年続けており、いろいろな方法でそれ なりにお金もかけてきましたので、集大成としてこの資格を選びました。INTESOLさ んの説明会に参加をした上で、こちらの会社なら間違いないと確信して受講に至りま した。英語でのレポートは、ライティングに慣れていない自分にとっては、かなり苦 労しましたが、ROCCO先生の的確な添削に励まされて、課題をこなしていくことがで きました。実際にレッスンプランを考えるという課題もあり、頭を抱えながらも楽し かったです。終了した今、達成感でいっぱいです。語学学習に終わりはありません が、この資格を生かして仕事をしていけるように、また新たなスタートです。

Ryoko Tanaka

はじめまして。 私はフィリピン留学PGLIの代表をしている山本勉と申します。
2011年からフィリピンで語学学校を経営しているのでもともと英語を教えることに興味がりました。 1年ぐらい前からTESOLの資格を取ることを考えておりましたが、5日間でTESOLがとれるなど内容が薄っぺらいものしかなかったので受講をあきらめておりました。
しかし、2011年の9月のことでしたでしょうかいつものようにTESOLの資格をしらべていると英国資格指標のレベル4ととても高いレベルのインソテルさんを見つけました。  ここだけの話しですが、インソテルさんの英語サイトの方もきちんと調べさせていただきました。 そして「これは信頼できるTESOL資格だ!」と確信がもてたので受講を決心しました。
受講の途中で英語の論文を書くのに何度か挫折しました。  しかし、受講期間がたっぷりの1年と長かったのであきらめず何度も自分なりに書き直しに書き直しを重ねて課題提出していくことができました。  ROCCO先生から添削が返ってくるのをメッセージなどを読んで、なるほどね~とかそういう風にも考えられるな!と思うようなことが多かったです。 TESOL受講前と受講後で信じられないぐらい伸びたのはなんといっても論文をきちんと書けるようになったことだと思います。 もちろんですが、英語を教えることに対していろいろな考え方や方法も学ぶことができました。
私自身、最終的には全部の課題を提出するのに7カ月かかりました。 仕事をしながらしかもレベルの高いTESOLの資格がとれるのはインソテルさんだけだと思います。 また、カスタマーサポートの岡本さんには最後まできっちりサポートしていだたいてとても助かりました。 わからないことなどを質問すると回答がすぐ返ってくるのでまったくストレスを感じなくてすみました。 1年間という十分な受講期間ときっちりサポートしてくれる日本人のスタッフがいるインソテルさんのTESOLを学習できたこととても感謝しております。 本当にありがとうございました。

山本 勉

数年前からTESOLに興味を持っていたのですが、なかなか講座の受講に至りませんでした。パートナーの転勤のため、それまで勤めていた高等学校を退職し時間が出来たのでスキルアップを図ろうとINTESOL Japanの講座を受講しました。近年TESOLの講座も増えてきて、本当に指導力アップに繋がるのか疑わしい内容の講座も見受けられるように感じております。INTESOL Japanの講座は体系だったテキストで(実によく考えられた内容だと感心しております)、実際に指導していく上で考慮すべき細かな点へ受講者の目を向ける工夫が平易な表現でなされており、受講費用以上の充実感を得ることができました。セミナー形式で提供されている講座の受講と迷ったのですが、こちらの講座にして大正解!でした。LEVEL 4の資格と認定されるのも世界へ出て行く際に大きな自信につながるような気がします。Rocco先生の丁寧な添削が、途中で投げ出しそうになる私をパソコンに向かわせました。今後は、また高等学校教諭として働くか英語を使った仕事をしていきたいと思っています。国外で英語を教えてみたいとも思うので引き続きスキルアップに励んで行きたいです。

H.N.

現役講師です。育児の傍ら、国内でTESOLが学習できるのは、大きな魅力でした。150時間TESOLは、英語の基礎やこれまでの経験を整序だててくれ、一方で、より効果的な側面からのアプローチ方法を検討することができ、有意義な内容だったように思います。そもそもが、あらゆるテキストのベースになりうる教授法なので、スキルアップにつながったと自覚しています。ありがとうございました。

Yuki Masumoto

はじめまして、私は現在語学サービスに関する仕事に就いています。この講座を始めたキッカケは、現職の経験を活かして将来個人で生計を立てていくための手段として興味を持ったことでした。レベルチェックテスト及び講座の内容は、英語で自らの考えを述べる機会が多く、日本人の私にとってタフなことが多かったことは事実です。平日は帰宅して1時間程度、週末など休みの日は終日集中して勉強しました。しかし、このような)困難な状況を乗り切ることが出来たのはフレンドリーな関係者(Rocco先生、日本事務所の岡本さん)の皆様のお陰です。150時間コースが終了した今、30時間分を追加受講して180時間コースの習得に向けて精進している毎日です。来年から、個人で英語講師と翻訳の仕事を請け負えるようにすることが目標です!

I.K.

現在英語教育とは無関係の普通の会社員をしています。定年後、得意な英語を活かせるアルバイトでも出来たら、でもただ大学で英語を専攻していたとかTOEICの点数がよいだけでは無理だろう、せめてきちんと英語教授法を勉強したい、と思っておりました。TESOLのことは知っていましたがwebで調べると海外に留学したり、日本でも高い費用で合宿形式セミナーに参加したりといろいろなものがありましたが、公的にきちんと認定されていてそれ程費用も高くないINTESOLを知り受講しました。受講前に細かく質問しましたが誠実にマメにご連絡頂けたのも信頼できました。 テキストの英語は読みやすいものですが、イギリス英語やイギリス国内のことを知らないと理解できない部分もあり、途中自信をなくしそうになることも正直ありましたし、課題は難しいものが多く、1つ1つのタスクの内容もボリュームがあり甘くはありません。日本人だからとかネイティブでないからという理由は許されませんが、だからこそイギリスの公的機関に認可されている質の高い講座だと思いました。やり終わったあとは達成感があり、途中諦めないでよかったと思いました。平日は帰宅して1時間程度、週末など休みの日は終日集中して勉強したせいで1ヶ月以内に全ての課題を終えることが出来ました。 今後は更に勉強を重ね、まずはボランティアでもいいので英語教育に将来携われたらと思います。

Miyuki Munoz

The 150-hour INTESOL Course was quite inspiring to me. I've been teaching English in Japan for years and have been quite comfortable with my experience. Still, I've learned a lot from the course and from my trainer, who I found really professional and has given me the encouraging feedback. I will move to Montreal next year and keep pursing my teaching career there. For those who intend to seek the English-teaching career abroad, the TESOL certificate is a must in many countries and earning it online with INTESOL is a good and efficient way to realize it. Good luck to you all.

Sally Kitagawa

[After retirement from the business field where I worked for more than 40 years, I wanted to be an English teacher.] It was good to learn at this point of time the matters that English teacher should know or do in the class, such as teachers to teach communication, importance of involvement of students and caring teacher. The course also helped me to put important technical matters (grammar, pronunciation, etc.) in order. I enjoyed the candid comments of Rocco.

Isao Tokoro