教育部長や主任教師を目指す先生のためのTESOL Diploma講座(350 Hour Diploma in TESOL)

ビデオ講義とスカイプによる質疑応答の、サポートが付いた上級講座!

2017年秋募集(限定4名)受付中!

TESOL講座を修了された方
を対象にした上級講座です

目的

ディプロマ講座の総合的な目標は、多種多様な社会状況におけるTESOLの理論と、理論に基づく実践を広範囲にわたり提供するもので、現代のコミュニケーティブな方法論も考慮します。修了者には、英国政府の定める資格単位枠組みのレベル7相当の講座を修了したことを証明する2種類の証明書と、受講内容を示した受講単位概要が発行されます。インテソルは受講生の記録をデータベースに保存して、いつでも将来の雇用者に連絡できるようにしています。

1年間のサポート付きの通信教育

TESOLディプロマ認定講座(350 Hour Diploma in TESOL)は24ヶ月間のサポート付きの通信講座です。テキストとタスク(課題)と呼ばれるレポート課題で構成されています。本講座には、1ヶ月を1単位としたタスクの提出日があり、受講生は24ヶ月間の講義カレンダーに設定された、1ヶ月ごとの提出日までにタスク(課題)を提出することが求められます。受講生はテキストの他に、ビデオ講義(録画)やスカイプによる質疑応答(利用は任意)を利用してタスク(課題)に取り組むことができます。受講生の提出したタスク(課題)は、担当講師が採点してコメントを付けて受講生に返却いたします。講座に対する質問は、メール、スカイプまたは電話で承ります。

応募資格

  • インテソルのTESOL150・180時間講座の修了者
  • または、TESOL証明書(レベル4)以上の資格をお持ちの方で、
    IELTS Academic 6.5以上の英語力のある方
    ※他団体・学校のTESOL証明書を応募資格とされる場合は、証明書のコピーをご提出ください。
    ※120時間以上のTESOL証明書が応募資格となります。

TESOLディプロマ認定講座の内容

当講座は、全部で10ユニット(17モジュール)で構成されています。各々のモジュールには理解を深めるためのタスク(課題)と呼ばれるレポート課題が用意されています。受講生は1ヶ月を1単位として1モジュールを終了するように設計されています。提出されたタスクは添削されてコメント・指針・評価とともに返却されます。提出されたタスクは継続して評価されます。修了試験はありません。

TESOLディプロマ認定講座

Unit 1: Being an Efficient Distance Learner

  • study skills – managing your time efficiently – organising your schedule – note-taking – overcoming the loneliness of the distance learner – how this course works.

Unit 2: Semantics/Language Awareness

  • Module 1 – form and function – lexical meaning: denotation, connotation, synonyms, antonyms, hyponyms, polysemes, homonyms – the importance of collocation – time and tense – presents – past tenses – futurity – conditionals and hypothetical meaning
  • Module 2 – progressive and perfect aspects: form and meaning – the progressive aspect and stative verbs – form and meaning of the perfect aspect – sentence structure: units of language; sentence elements
  • Module 3 – negatives: types of negation – questions: question types – modality – word classes and phrases – adjectives and adverbs – determiners
  • Module 4 – prepositions and multi-word verbs – word formation: morphemes

Unit 3: Phonology and Phonetics

  • Module 1 – attitudes to pronunciation teaching – terminology in phonology and phonetics – organs of speech – phonemes – the phonemic chart – consonants: description and practical applications – vowels – cardinal vowels chart – diphthongs – place of articulation – research based project – materials evaluation
  • Module 2 – the syllable – consonant clusters – strong and weak syllables – word and sentence stress – the ‘schwa’ sound – marking stress – primary and secondary stress – tendencies in word stress – research based project – weak forms – English as a time-stressed language – Features of connected speech – Materials evaluation
  • Module 3 – spoken and written forms – intonation – tone units – the tonic syllable – pitch movement – intonation and discourse – teaching and learning intonation – research based project – pronunciation and ‘which’ English – are native speakers the best ESOL teachers? – Strategies for personal development in the teaching of pronunciation

Unit 4: Psycholinguistics

  • Module 1 – attitudes toward language teaching – good language learners: characteristics and strategies – the teacher’s influence on learner strategies – cognitive strategies – metacognitive strategies – communication strategies – social strategies – learner training – learner training materials evaluation – research based project – observation task
  • Module 2 – motivation – motivational factors – the teacher’s influence – motivational differences – learner styles – Multiple Intelligence Theory – research based project
  • Module 3 – first language acquisition: behaviourism, innatism, interactionism – second language acquisition: behaviourism, innatism (aka cognitivism), information processing, interactionism.

Unit 5: Discourse Analysis

  • Module 1 – brief history of Discourse Analysis: structuralism, sociolinguistics, post-modernist – coherence in language – cognitive interpretation of language: Schema Theory – social context of language – political context of language – approaches to encourage coherence in discourse (practical case) – discourse communicative methodology and student centredness
  • Module 2 – teacher talk in the ESOL class – turn-taking research – text structure: cohesive devices (lexical cohesion, tense concordance, pronoun referencing, article referencing, conjunctions, ellipsis, substitution, parallelism) – cohesive devices in the classroom: a practical case – differences between written and spoken language – discourse intonation – teaching discourse intonation in the ESOL classroom – transcribing spoken language

Unit 6: Syllabus Design

  • Module 1 – pros and cons of a syllabus – types of syllabus – needs analysis – planning the syllabus – action research project

Unit 7: Materials Design and Exploitation

  • Module 1 – evaluating course books – exploiting published materials – resources and technology – using the internet – adapting authentic materials – action research project

Unit 8: Methodology

  • Module 1 – Second Language Acquisition Theory – behaviourism versus cognitivism – the natural approach – the lexical approach – more recent approaches and views on the teaching-learning relationship

Unit 9: Teacher Development

  • Module 1 – factors that contribute to teacher demotivation – a basis for professional progress – peer training – sources of valuable feedback – meetings as a forum for sharing reflections and further development – practical ideas for moving forward as a teacher: practical case

Unit 10: English as a World Language

  • Module 1 – English as an international language – English in the country you wish to teach and research project – standard English and varieties of English – teaching language and culture – teaching in monolingual and multilingual classes – implications for teaching: practical cases

受講期間

TESOLディプロマ認定講座は24ヶ月間で修了するように設計されています。タスク(課題)をすべて提出すれば修了です。早く進めたい方は、講義日程に拘わらずに進めて頂いても結構です。タスク提出のための予備期間を含めて合計24ヶ月間が受講期間となります。

2017年秋募集(限定4名)受付中!

  • 開講日:2017年10月1日
  • 修了日:2019年9月30日(予備日を含む)
  • 予備日:1ヶ月の学習期間ごとに1週間~1か月間の予備日があります

予備日は、予習や、未提出タスク(課題)がある場合、家庭・仕事等の事情により予定通りの学習ができなかった場合等にご利用頂けます。

講義日程

受講生は1ヶ月を1単位として1モジュールを終了するように設計されています。1年目と2年目の最後には、1か月間のキャッチアップ期間もあります。ビデオ講義(録画)やスカイプによる質疑応答を利用してタスク(課題)に取り組むことができます。受講生は24ヶ月間の講義カレンダーに設定された、1ヶ月ごとの提出日までにタスク(課題)を提出することが求められます。本講座は内容が高度なため、通信講座ですが、ビデオ講義とスカイプの質疑応答のサポートが付いています。

Diploma Course Dates

2017 2018
Oct Nov Dec Jan Feb Mar
2 9 16 23 30 6 13 20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29 5 12 19 26 5 12 19
3 10 17 24 31 7 14 21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30 6 13 20 27 6 13 20
4 11 18 25 1 8 15 22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 31 7 14 21 28 7 14 21
5 12 19 26 2 9 16 23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 1 8 15 22 1 8 15 22
6 13 20 27 3 10 17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26 2 9 16 23 2 9 16 23
7 14 21 28 4 11 18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27 3 10 17 24 3 10 17 24
8 15 22 29 5 12 19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28 4 11 18 25 4 11 18 25
Skype Support
Lecture 2.1 2.2 2.3 2.4
Submission Due 2.1 2.2 2.3 2.4
Progress Consultation A
Catch-up / Forward Planning
*
 
Apr May Jun Jul Aug Sep
26 2 9 16 23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27 3 10
27 3 10 17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28 4 11
28 4 11 18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29 5 12
29 5 12 19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30 6 13
30 6 13 20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 31 7 14
31 7 14 21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 1 8 15
1 8 15 22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26 2 9 16
Skype Support
Lecture 3.1 3.2 3.3 4.1 4.2
Submission Due 3.1 3.2 3.3 4.1 4.2
Progress Consultation B
Catch-up / Forward Planning
*
2019
Oct Nov Dec Jan Feb Mar
17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28 4 11 18 25 4
18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29 5 12 19 26 5
19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30 6 13 20 27 6
20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 31 7 14 21 28 7
21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 1 8 15 22 1 8
22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26 2 9 16 23 2 9
23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27 3 10 17 24 3 10
Skype Support
Lecture 4.3 5.1 5.2 6
Submission Due 4.3 5.1 5.2 6
Progress Consultation C
Catch-up / Forward Planning
*
 
Apr May Jun Jul Aug
11 18 25 1 8 15 22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26
12 19 26 2 9 16 23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27
13 20 27 3 10 17 24 1 8 15 22 29 5 12 19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28
14 21 28 4 11 18 25 2 9 16 23 30 6 13 20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29
15 22 29 5 12 19 26 3 10 17 24 31 7 14 21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30
16 23 30 6 13 20 27 4 11 18 25 1 8 15 22 29 6 13 20 27 3 10 17 24 31
17 24 31 7 14 21 28 5 12 19 26 2 9 16 23 30 7 14 21 28 4 11 18 25 1
Skype Support
Lecture 7 8 9 10
Submission Due 7 8 9 10
Progress Consultation D
Catch-up / Forward Planning
*
Sep
2 9 16 23
3 10 17 24
4 11 18 25
5 12 19 26
6 13 20 27
7 14 21 28
8 15 22 29
Skype Support
Lecture
Submission Due FT
Progress Consultation
Catch-up / Forward Planning

Diploma Course Dates

TESOLディプロマ認定講座は24ヶ月間で修了するように設計されています。タスク(課題)をすべて提出すれば修了です。早く進めたい方は、講義日程に拘わらずに進めて頂いても結構です。タスク提出のための予備期間を含めて合計24ヶ月間が受講期間となります。

2017年夏募集(限定4名)受付中!

  • 開講日:2017年10月1日
  • 修了日:2019年9月30日(予備日を含む)
  • 予備日:1ヶ月の学習期間ごとに1週間~1か月間の予備日があります

予備日は、予習や、未提出タスク(課題)がある場合、家庭・仕事等の事情により予定通りの学習ができなかった場合等にご利用頂けます。

受講料

TESOLディプロマ認定講座 特別価格168,000円税込
オンラインダウンロード教材

・講座のテキストは、すべて会員ページからダウンロードできます。
プリントアウトしたものをユニット毎にバインダーなどにファイルしてお使いになれば、テキスト冊子としてお使いいただけます。
受講料の分割払いも可能です(下記参照)

  • お申し込み時に88,000円
  • 1ヶ月後に40,000円
  • 2ヶ月後に40,000円
お申し込みはこちら
TESOL150時間認定講座 TESOL180時間認定講座 TESOL Diploma 認定講座 IELTS for Teachers 科目別ビデオセミナー 英語の授業評価サービス

========================= インテソルの特長 (1) =========================

インテソルの通信講座は、ただ知識をインプットするだけではありません。タスク(課題)と呼ばれる英文レポート課題で、自分のアイデアをアウトプットすることが求められます。どのような教材を使って、どのような授業を組み立てれば、生徒が生き生きと楽しめる授業になるのか考えます。

(語句の説明:
英文レポート課題

========================= インテソルの特長 (3) =========================

講座の受講方法についてのご質問はいつでもカスタマーサポートがメール、電話で承ります。日本語・英語に対応しています。また、講座内容の専門的なご質問は、担当講師がメールで承る他に、スカイプオンラインサポートがご利用いただけます。

(語句の説明:
スカイプオンラインサポート

========================= 英語に必要なスキルとは =========================

英語に必要な知識とスキル
英語に必要なスキルとは?

========================= 書くことで考えをまとめる =========================

英語に必要な知識とスキル
書くことで考えをまとめるとは?